パトロンライン

個人間融資で使われる「おかわり」とは、意味など

個人間融資で使われる「おかわり」とは

一般的に「おかわり」といえば、同じものを続けてもう一度飲食することを指しますが、個人間融資でも「おかわり」が使われます。

意味は、読んだ通りで、融資を受けた側では、もう一度、融資を受けることを指し、融資した側では、もう一度、融資することを「おかわり」と言います。

個人間融資では、全く知らない方に融資する・融資される事となるので、信用がありません。

ただ、「おかわり」は一度融資されている・融資していることがあるので、

  • 融資額が高くなる
  • 利息が安くなる
  • 審査がゆるい

などのメリットが挙げられます。

おかわりのしすぎに注意

個人間融資で、おかわりをする方のほとんどが、最初の融資を返済する前に、おかわりを申し出ます。

というのも、個人間融資では、銀行などと違い、利息が高く設定されていることがあります。

そのため、最初の融資が完済する前に、お金がなくなってしまい、また、融資のお願いをするというループとなってしまいます。

「給料日までにはまだ10日ほどあるのですが、手持ちは1500円しかなく最低限の食費を貸してもらえませんか?」

「食費として5000円貸してください。○○さんにしかお願いできないので」

と、すでに、一度融資をしてもらっていることから、また、お金を借りることが容易なのが理由です。

そのため、知らない間に、借金額が膨大になっていることもあるので、おかわりのしすぎには注意が必要です。

カテゴリー 用語集
タグ 借金,闇金,個人間融資,おかわり,意味,とは
作成日時 2017-07-21 17:51:36
更新日時 2017-07-21 17:51:36
こちらの記事も読まれています
個人間融資で使われる「先振込み」とは、意味など
個人間融資で使われる「先振込み」とは 個人間融資サイトや掲示板などで、融資のお願いをしていると、「先振込み」をするように求められた方も多いのではないでしょうか? この「先振込み」というのは、融資をしてもらう側が、融資をする側に、先にいくらか振り込むことを言います。 お金がないのに、なぜ、お金を振り込まなくては行けないのか? と疑問に思っている方も多いのではな…
個人間融資サイトとは
そもそも個人間融資サイトとは お金を借りたい方と貸したい方を結びつける個人間融資サイト。 銀行や消費者金融などで借金が出来なくなってしまった方が頼りにする「最後の頼みの綱」として使用されています。 個人間融資サイトでは、審査なしや即日融資などがほとんどです。 免許証や連絡先を伝えるだけで融資をしてくれるため、消費者金融などよりも早くお金を借りることが出来、信…
個人間融資で使われる電話番号
個人間融資で使われる電話番号 今すぐお金を借りたいけど、いちいちメールなどのやり取りをするのは面倒くさい。 どうせなら、電話で融資のお願いをしたいという方も多いのではないでしょうか? ただ、個人間融資で使われている電話番号の中には闇金業者が利用しているものも含まれています。 そのため、掲示板などで見かける電話番号は利用しないことが良いでしょう。 …
個人間融資で使われる「ひととき」とは、意味など
貸付条件として「ひととき」 銀行や消費者金融などと違い、個人間でやり取りをする個人間融資。 お金を貸す側としては、どんな人にお金を貸すのかぱっと見ただけではわかりません。 そのため、免許証や住所・電話番号などで、信用関係を築きます。 そんな中、貸主が借主に対して「ひととき」を求める場合もあるようです。 そこで、「ひととき」とはどういったものなのかを簡単…
個人間融資とは、意味など
そもそも個人間融資とは 銀行や消費者金融などで借金が出来ない方が利用する個人間融資。 現在では、数多くのサイトが運営されているのですが、実際に利用と考えている方も多いのではないでしょうか? ただ、個人同士でのやりとりになるため、少し不安がある、どういった流れになるのか?など疑問も多いかと思います。 そこで、個人間融資とはどういったものなのかを簡単にまとめてみ…

個人間融資