パトロンライン

貧乏・貧困世帯が増加する理由

そもそも貧乏・貧困世帯とは

最近良く耳にする言葉の一つに貧困世帯というのがあります。

簡単に言えば、貧乏の事を指すのですが、具体的には次のことを指します。

OECD(経済協力開発機構)は、「等価可処分所得の中央値の半分の金額未満の所得しかない人口が全人口に占める比率」を「相対的貧困率」と定義しています。

日本の場合、2012年の貧困線は122万円、相対的貧困率は16.1%となっています。また、片親の場合には、相対的貧困率が54.6%となっています。

つまり、日本に住む方の16.1%が貧困世帯・貧乏ということとなります。

また、詳しくまとめた貧乏の割合や年収の基準などはこちらをご覧ください。

貧乏生活をする方が増加

貧乏世帯とはまた別に、貧乏生活という言葉もあります。

この貧乏生活には定義があり、「手取り額 - 家賃 = 85,000円」以下とされています。

一人暮らしをする方の一ヶ月の支出は次のようになります。

家賃 60,000円
食費 30,000円
水道光熱費 10,000円
通信費 10,000円
その他諸々 15,000円
合計 125,000円

また、貧困層の年収は250万円前後となるので、月収20万円ほど、手取りだと17万円となります。

支出分を引くと、5万円ほどしか残りません。

また、女性の方が事態は深刻で、働く女性の1/3が年収114万円に満たないです。

月収10万円程となるため、実家ぐらしか家賃を2万円、3万円ほどに抑えないと生活することが出来ません。

最近では、若い女性の中でパパ活が増えているいますが、こういった事が関係しているかもしれません。

若年貧困層が増える

30歳未満 1994年 2009年
~300万円 9.8% 18.7%
300万円~400万円 20.5% 26.7%
500万円~ 41.1% 32.2%

また、子どものいる世帯のうち、約20%が世帯収入300万円となっています。

特に、親が父母どちらかだけの「片親世帯」では60%以上が世帯収入300万円以下と深刻な状態です。

この調査自体は、2009年のものなので、東北大震災の影響で更に悪化している可能性が高いです。

ただ、汗水たらして働いているだけでは、状況は変わりません。

毎日の生活が苦しいのはわかりますが、「何か」行動を起こすことで状況が変わるかもしれません。

まず、自分に何が出来るのかを考えてみてはいかがでしょうか?

カテゴリー お金がない・貧乏
タグ 貧乏,生活,女性,増加,理由
作成日時 2017-11-15 20:07:20
更新日時 2017-11-15 20:07:20
こちらの記事も読まれています
貧乏は悪い?貧乏のメリット・デメリット
貧乏は悪いこと? よくお金がないことを悪く言う人がいますが、家庭環境などにより自分ではどうしようもないことが多いです。 低所得者層の犯罪率などが高いことから、貧乏が悪いと言われているようですが、本当にそうなのでしょうか? そこで、貧乏でいることのメリットやデメリットについて考えてみました。 貧乏のメリット・デメリット メリット …
貧乏・貧困世帯が増加する理由
そもそも貧乏・貧困世帯とは 最近良く耳にする言葉の一つに貧困世帯というのがあります。 簡単に言えば、貧乏の事を指すのですが、具体的には次のことを指します。 OECD(経済協力開発機構)は、「等価可処分所得の中央値の半分の金額未満の所得しかない人口が全人口に占める比率」を「相対的貧困率」と定義しています。 日本の場合、2012年の貧困線は122…
貧乏なのに太る?貧困層に肥満やデブが多い理由
貧困層に肥満やデブが多い理由 お金が無い、お金が無いと言う割に、太っている友人が一人はいるのではないでしょうか? 太るほど食べるお金があるのなら、節約して別のことに使えばいいのに…。 実は、日本以外にもアメリカなどでも貧乏な人ほど、太っている傾向があると言われています。 一般的に考えると、お金がないから、食べ物が買えない、そのため、栄養失調になるほどやせ細る…
貧乏な人の見分け方、お金持ちとは生活習慣が違う
貧乏な人の見分け方 日本人はお金に対する教育があまりされません。 そのため、お金に対して汚いものという意識や嫌儲的な意識は少なからずあるのではないでしょうか? 中には、将来、結婚する人が貧乏だと少し嫌だ…。という方もいるかもしれません。 ただ、非常に仲良くならないと、年収や貯金額などを知る機会はありませんよね? そこで、貧乏な人の見分け方を生活習慣の面…
貧乏ってどこから?割合や年収の基準など
貧乏ってどこから? 現在、日本では一億人総活躍社会を掲げ、少子高齢化に歯止めをかけ、50年後も人口1億人を維持し、 家庭・職場・地域で誰もが活躍できる社会を目指しています。 ただ、現実はそう簡単ではありません。 富裕層と貧困層の差は広がり、生活保護を受けている人も後を経ちません。 そこで、一つ疑問がわきます。 貧乏ってどこから貧乏というのでしょうか? …

個人間融資