パトロンライン

個人間融資とは、意味など

そもそも個人間融資とは

銀行や消費者金融などで借金が出来ない方が利用する個人間融資。

現在では、数多くのサイトが運営されているのですが、実際に利用と考えている方も多いのではないでしょうか?

ただ、個人同士でのやりとりになるため、少し不安がある、どういった流れになるのか?など疑問も多いかと思います。

そこで、個人間融資とはどういったものなのかを簡単にまとめてみました。

ソーシャルレンディングとも

個人間融資とは、読んで字の如く、個人間での融資のやり取りを行うことを指します。

運営をしているサイトは、掲示板などの場を提供している事が多く、お金を貸したい方・お金を借りたい方のやり取りには一切関与してない場合が多くなっています。

そのため、誰にお金を貸すのか・誰にお金を借りるのかは、自分でしっかりと見極める必要があります。

実際に、弁護士や金融庁などには、個人間融資サイトを使用したことによるトラブルも多く報告されているようです。

ちなみに、個人間融資は、海外ではソーシャルレンディングとも呼ばれています。

ソーシャルレンディング(Peer-to-peer lending、Social Lending)とは『ネット上でお金を借りたい人、企業』(ボロワー)と『ネット上でお金を貸したい人、企業』(レンダー)を様々な方法で結びつける融資仲介サービスである。

日本でサービスが始まった当初は「ソーシャルレンディング」というサービス名が一般的であったが、クラウドファンディングという言葉が日本で広まるにつれ、その一分野である「投資型クラウドファンディング」という呼び名も使われるようになっている。

個人と個人がネット上で小口の融資を行えるソーシャルレンディングの原型ともいえるサービスは2005年にイギリスのZOPAが開始した。その後米国でも同様のサービスを提供するProsper(2006) 、Lending Club(2007)が誕生し順調に事業を拡大させている。

個人間融資掲示板の書き込み例

職業 歯科助手
性別 女
年齢 29
だいたいの住所(最寄り駅)○○駅
希望額 4万8千円
借りたお金の用途
携帯1万3千円 保育料2万4千円 上の子の野球冬合宿1万1千円です。
返済計画 2回に分割して

このように、借りたい方が、年齢や職業、希望の金額や使用用途などを書き込み、貸したい方からの連絡を待ちます。

このような個人間融資サイトを利用する場合には、携帯番号やメールアドレスが用いられるため、貸したい方から、この連絡先へ連絡が来ます。

その後は、個人間で振込になるのか、手渡しになるのかを相談し、進めていきます。

カテゴリー 用語集
タグ 借金,闇金,個人間融資,意味,とは
作成日時 2016-12-03 16:25:40
更新日時 2016-12-04 14:15:36
こちらの記事も読まれています
個人間融資とは、意味など
そもそも個人間融資とは 銀行や消費者金融などで借金が出来ない方が利用する個人間融資。 現在では、数多くのサイトが運営されているのですが、実際に利用と考えている方も多いのではないでしょうか? ただ、個人同士でのやりとりになるため、少し不安がある、どういった流れになるのか?など疑問も多いかと思います。 そこで、個人間融資とはどういったものなのかを簡単にまとめてみ…
個人間融資で使われる電話番号
個人間融資で使われる電話番号 今すぐお金を借りたいけど、いちいちメールなどのやり取りをするのは面倒くさい。 どうせなら、電話で融資のお願いをしたいという方も多いのではないでしょうか? ただ、個人間融資で使われている電話番号の中には闇金業者が利用しているものも含まれています。 そのため、掲示板などで見かける電話番号は利用しないことが良いでしょう。 …
個人間融資で使われる「ひととき」とは、意味など
貸付条件として「ひととき」 銀行や消費者金融などと違い、個人間でやり取りをする個人間融資。 お金を貸す側としては、どんな人にお金を貸すのかぱっと見ただけではわかりません。 そのため、免許証や住所・電話番号などで、信用関係を築きます。 そんな中、貸主が借主に対して「ひととき」を求める場合もあるようです。 そこで、「ひととき」とはどういったものなのかを簡単…
個人間融資で使われる「先振込み」とは、意味など
個人間融資で使われる「先振込み」とは 個人間融資サイトや掲示板などで、融資のお願いをしていると、「先振込み」をするように求められた方も多いのではないでしょうか? この「先振込み」というのは、融資をしてもらう側が、融資をする側に、先にいくらか振り込むことを言います。 お金がないのに、なぜ、お金を振り込まなくては行けないのか? と疑問に思っている方も多いのではな…
個人間融資で使われる「おかわり」とは、意味など
個人間融資で使われる「おかわり」とは 一般的に「おかわり」といえば、同じものを続けてもう一度飲食することを指しますが、個人間融資でも「おかわり」が使われます。 意味は、読んだ通りで、融資を受けた側では、もう一度、融資を受けることを指し、融資した側では、もう一度、融資することを「おかわり」と言います。 個人間融資では、全く知らない方に融資する・融資される事となるので…

個人間融資